笏谷石(しゃくだにいし)とは
福井生まれの美しき「青石」

笏谷石  笏谷石(しゃくだにいし)は、約1600万年前の火山活動で降りつもった灰が固まってできた火山礫凝灰岩です。主に、福井県福井市の足羽山一帯で採掘され、なかでも北西側山麓部の笏谷地区の石質が優れていたことから、笏谷石という名称がついたとされています。また、水に濡らすと深い青色に変化することから別名「青石」とも呼ばれており、薄青色できめが細かいものが上質とされています。

歴史の語り部、笏谷石

福井城址  福井県の歴史で笏谷石が登場するのは、約1500年前の古墳時代まで遡ります。古墳時代以降、笏谷石は一時期歴史から姿を消しますが、平安時代末期になると再び表舞台に登場。細工しやすく美しい笏谷石の性質を活かし、精緻な彫刻を施した石塔や石造美術品が作られるようになりました。
 戦国時代に越前国を支配した朝倉氏の一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)からは、笏谷石の石仏や石塔類のほか様々な生活用品なども数多く出土しています。安土・桃山から江戸時代にかけては、笏谷石は城の土台や石垣に用いられ、築城文化に大きく貢献します。
さらに、日本海海運を担った北前船によって、笏谷石は各地の港を中心に、北海道の小樽(倉庫の基礎石、敷石)や青森津軽地方(津軽藩主の石廟)高岡(基礎石や敷石、席塀、国宝瑞龍寺の石廟)など広い範囲に流通していきました。

蘇生笏谷石「福井の輝き」

笏谷石の器  現在、笏谷石は採掘されていません。
 それに伴い、古墳時代から受け継がれてきた笏谷石は、人々の記憶から忘れられようとしています。そんな失われつつある福井独自の石文化を後世に伝えるべく、『蘇生笏谷石福井の輝き』シリーズは誕生しました。
県内の古民家で眠っていた笏谷石を収集、「器」として再生。新しく生れ変わった笏谷石が、もう一度、人々の暮らしに息づき、未来へ受け継がれていくことを願ってやみません。

商品のご案内

「家康の子」プロジェクト